ニガオエガエルオガワラトモコ
似ている似顔絵を描くためにはどうしたらいいのかを考えながら書いている、カエラー似顔絵イラストレーター小河原智子のページです。似顔絵博覧会(NIGAOEXPO)主催
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
趣味悠々8回目
最終回が終わってしばらくたちました。やっと本当に終わったのだなあという思いです。卒業制作はいっ平さんはお父さんである故三平師匠とお母さんである海老名加代子さんを仲良く高座に二人並べて描いてくれました。いっ平さんが9才の時に亡くなった三平さん、病気になってから海に連れて行ってくれて、病の体をおして泳いでみせて、がんばれば何でも出来ると教えてくれた大好きなお父さんだというお話を聞きました。袴は金が入っているんですよといいながら色を作りました。いい絵です。聖子さんは尊敬する涼風真世さんを描きました。本当にかわいく描いてあこがれを形にしてくれました。
*添付はその卒業作品と私がお二人を描いた絵です。
s一枚に
スポンサーサイト
【2007/12/30 14:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
2007読売新聞uso放送
今年の出来事のイラストを28日付の読売新聞に描きました。“偽”という文字が今年の人文字に選ばれた事を戒めとして来年をよい年のしたいものですね。
yomiuri.jpg



【2007/12/29 14:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
メリークリスマス
今年は安倍さんのおかげ?!で読売新聞の組閣の似顔絵を2回させてもらいました。
感謝を込めてサンタさんに変身させてみました。
みなさま、素敵なクリスマスを!
Sクリスマス

【2007/12/24 20:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味悠々7回目
”有名人を描こう”でした。ゲストははなわさん、同じ佐賀出身には針すなお氏がいらっしゃいますが、佐賀空港で針さんを見かけたという話から盛り上がりいっしょに食事をしながらいろいろお話をしました。はなわさんは僕も似顔絵が描きたくなった、とさらさらとまず自画像を描いてくれました。*写真、ご本人が持っているのがソレ、うまい!!!
実は私の似顔絵も描いてもらいました。そちらはまだスキャンしていないのでいずれ、
いつもよりにぎやかな収録でした。
添はなわ氏



【2007/12/21 20:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味悠々 6回目
6回目は ”お年寄りを描こう”でした。いろいろな経験をしてその人がどういう顔になったか、というのがお年寄りの顔を描く時の醍醐味です。いろいろあって、、かわいい!であったり、いろいろあって、、やさしいであったり、その人らしさをぎゅっとつかむ事が大切。ここではそこのところをデフォルメと絡めてお年寄りの描き方を教えました。いっ平さんも聖子さんも二人ともうまくなりました。
年配の男性を描こう


【2007/12/19 19:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味悠々 5回目
”男性を描こう”では、男性ならでは、ということで、ヒゲの描き方、女性のように整えていない眉の描き方を教えました。女性らしく、男性らしく、というよりはその人らしく、と心がけて描いていますが、確かにヒゲは、、ですね。
あとは、年齢のあらわし方。実年齢というより、見た目が大切。ご本人が若々しく描いてほしいか、それとも貫禄をだしてほしいか、、にもよりますね。
*テキストで描かせていただいたヒゲ男性も添付します。
男性を描こう

【2007/12/19 19:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味悠々、収録終了
全八回、長いと思っていましたが、終わってしまうと短いですね。
今日は八回目の収録が終わりました。最後にお花をいただいて記念撮影。シリーズの最後ってこんなかんじなのかあと、感激しました。いっ平さんは、次の収録へ、聖子さんはリハーサルへ、私はスタッフの皆さんの似顔絵をカレンダーにしたものをそれぞれにお渡ししてご挨拶して帰りました。
そのときの記念写真と、スタッフの方のカレンダーの似顔絵を添付します。(真ん中は今回のディレクターのHさん、結婚する時にはウェルカムボードをお描きする約束をしました)
ああ、終わったのだ。感無量。
スタッフの皆さん

スタッフ似顔絵




【2007/12/03 21:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味悠々4回目 
のテーマは”女性を描く”
やはり、女性はいくつになってもかわいらしく描いてほしいと思うもの、、その人らしく、似ていれば特にしわを書き込む必要もないのではないかと思っています。大人の女性が子供や男性と決定的に違うのはメイクをしている事。この回ではその辺りを、女優の佐藤藍子さんをモデルに教えました。
いっ平さんもそうでしたが、一般的に初心者の男性が描く女性の絵は、”怖い”感じになってしまう事が多いのですが、これで明るく美しい女性を表現できるようになりました。聖子さんのほうは、やっぱり自分もメイクするだけあって、女性の描き方はうまかったですね。次回は”男性を描こう”です。
いっ平さん、がんばれ!!
佐藤藍子さん


【2007/12/02 11:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

tomokoogawara

Author:tomokoogawara
小河原智子 オガワラトモコ

このブログでは、自分の作品をメインにアップしています。

もうひとつのブログでは似顔絵の投稿作品にコメントしていますのでぜひこちらもご覧下さい。作品毎日募集中!!
似顔絵コンシェルジュ&コンテスト
NIGA.Con (似顔絵コンテスト)主催 

似顔絵いっぱいのホームページです。
似顔絵ともこクラブ

TVチャンピオン優勝
全米似顔絵大会優勝
(National Caricature Network)
読売新聞似顔絵大賞受賞
現在 読売新聞契約似顔絵作家
星の子プロダクション 取締役
日本漫画家協会会員
e-space会員
似顔絵教室 似顔絵講座
NHK『趣味悠々』講師
東京カルチャースクール 通信教育講師
読売文化センター・大森校 講師
似顔絵スクール星の子 講師

カエルが好きがこうじてカエルの物語を作りました。
こちらも読んでみてくださいませ。
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。